ミョウガを地域おばあさんから購入し加工しています。

田舎には、山の幸川の幸、季節ごとに新鮮で美味しい食材ができます。その食材を先人は加工したりする食文化を伝えてくださいました。 地域に住む私たちは、都会の華やかさはありませんが、助け合い、分かち合い暮らしてまいりました。 今、地域ではミョウガが最盛期です。このミョウガを加工し都会の方々に喜んでいただこうと思っています。 地域に住むおばあちゃん達は、いつ、どこで、何が旬なのか知っています。おばあちゃんたちは、生きがいとして、地域 の産物を採っておられます。今日はミョウガをシバ漬と酢漬けとして利用しました。大久保のおばあちゃんありがとう、これ からも、色々と地域の事教えてくださいね。そしていつまでも笑顔と元気で暮らしてくださいね。^¥^ DSCF3244 夜は、東京から遊びに帰ってきた孫たちと自然薯ご飯と地域の野菜で、楽しく食事をして、その後3人の孫とお風呂に入りました。ちょっとのぼせましたね^¥^ DSCF3246